アルバイト辞典@connect

参加者の皆さんから集めた珠玉のアルバイト体験談まとめ

エキストラのバイトでドラマに50本以上出た私の経験を元に完全解説!

エキストラでアルバイトしようと思ったきっかけは?

今回はエキストラで以前アルバイトとして働いていた方に、エキストラのアルバイトについて書いて頂きました。以下内容です。


大学在学時の就職活動がひと段落して、就職する前にいろいろな種類のアルバイトを経験したかったからです。

エキストラのアルバイトの存在は知っていましたが、お金を稼ぐ目的ではできないと思っていたので、思い出作りや記念程度のつもりでやりました

もともと、ドラマが好きなので、芸能人を生で見られるミーハーな気持ちと、ドラマの撮影現場に実際に行ってみたいと思ってやってみることにしました。

そもそもエキストラのアルバイトの仕事は何をするの?

モデル

経験がありません。

映画

都内の撮影現場で、大衆が逃げ惑うシーンを撮影しました。

CGを使って対象物を映画に入れるので、「だいたいこのあたりからこのくらいの大きさのものがくるので、こうしてください」と、スタッフから指示をされて、想像しながら演技することが求められました。

ドラマ

何本か撮影に参加しましたが、簡単な演技が求められることが多かったです。

エキストラは映像に映る時間が少ないのですが、現場の監督からも詳細な演技指導が入ることがあり、その通りに演じることが求められました。

とはいえ、セリフもなく、簡単な動作の演技なので、とくに演技の経験が無い私でも十分対応できる範囲での演技でした。

仕事の一日のスケジュール

エキストラのアルバイトは、かなり過酷な環境のもとで待たされるお仕事です。

撮影は、外で行われることも多く、自分たちで持ってきた防寒具でなんとか寒さをしのぎながら出番を待つ状況でした。

当たり前のことですが、温かい毛布や飲み物が用意される豪華なキャストのみなさんと全く違います

主要キャストのみなさんのセリフや動きの確認が終わったあと、エキストラも交えて簡単なリハーサルを行い、そのあとで本番を撮影します。

例えば、撮影が押して1日拘束されても、撮影が巻いて早く終わっても、給料は変わらないので、「いい経験になった」「有名人に会えた」と、趣味として楽しむ気持ちが無いと続かないと思います。

エキストラのバイトの応募から合格まで

面接は簡単なもので、インターネットで応募して、面接日に即採用だったと思います。

特に難しいことは聞かれず、撮影現場での注意点や、報酬体系などを説明されました。

そもそもどのように応募できるの?どうエキストラのバイトを知った?

知人が事務所に登録していたので、話を聞いて始めました。

インターネットで調べて、当時はメールで応募したと思います。

履歴書はいる?

簡単な履歴書は提出したと思います。

特に経験などが要求されることはありませんでしたが、いつ撮影に入れるのか聞かれました

平日の昼間の時間帯などは、人が少ないので重宝された気がします。

画面に映るとき、どのくらいの年代の人に見えるか、髪の色など外見の印象を見ていたと思います。

年代物の映画などに出演できるので、黒髪の人は重宝されていたと思います。

結婚式の衣装や、喪服などが用意できるかを書く書類もあったと思います。

そもそもエキストラのバイトは応募から実際の仕事をするまでの流れは?

応募して、面接に行き、希望したらその場でお仕事の予約を取れたと思います。

メールで「撮影日、場所、求められるエキストラの年代・性別」が毎日のように募集メールが届いていたと思います。

やりたい仕事があれば、連絡して、事務所の人から持ち物や服装などを聞き、あとは当日集合場所に遅れず行くだけです。

エキストラのバイトは稼げる?出費はどう?

正直、給料については、「お小遣い程度」と割り切ったほうがいいです。

あくまで、私の所属していた事務所の話なので、他の事務所の状況はわかりません。

撮影現場によって報酬は異なっていたと思いますが、時給換算なんてとてもできません。

「趣味」「芸能人に会うための交通費が出る」と前向きにとらえることができなければ、報酬だけ見ると雀の涙です。

服装などは実費?それとも事務所負担?

基本的に全部自分持ちです。

「こんな服装でお願いします」と指定された服装を自分で用意して着ていきます。

撮影現場によっては、着替えが要求されることもありますので、何着か持って行く場合もあります。

また、美容には特にお金をかける必要が無いと思います。必要最低限、清潔感のある身だしなみなら大丈夫です。撮影現場によっては、衣装が支給され、メイクさんがメイクやヘアをしっかりと仕上げてくれることもありました。

でも、そういうことは稀だと思います。

どのように稼げる?

正直言って、稼ぐなら別のアルバイトがいいと思います。

私が所属していた事務所は、固定給で、深夜になると時間によっては手当が出たと思います。
「1本いくら」と、現場単位での報酬体系だったと思います。

お金はどのようにもらう?

私は趣味程度でアルバイトをしていたので、確定申告を行うほど稼いでいませんでした。

報酬は事務所で手渡しでした。

ずばり稼げた?

予想通りでしたが、稼げませんでした。

エキストラのバイトの喜怒哀楽まとめ

エキストラのバイトはきつい?つらい?

正直、きつい撮影現場もあります。

基本的に寒くても外で待たなければいけない」など、体力的にきつい経験をしました

撮影現場によっては、撮影が押して終了時間が深夜になることがあります。

終電が無い人には、タクシーチケットが事務所から配布され、タクシーで帰ったこともありました。

エキストラは楽しい?

楽しいです。ミーハーな人にはおすすめです。

芸能人の素顔が見られるアルバイトは、そうそうありませんし、交流はできないとはいえ、近くでキャストのみなさんが話す姿を見るのはとても貴重な経験でした。

エキストラは出会える?

あると思いますが、私はありませんでした。

エキストラのアルバイトをしている人たちは、主婦、フリーター、学生など、時間に余裕がある人が多かったと思うので、高収入な会社員の男性や平日しっかり働くOLさんに出会いたい人にとってはあまり出会いが無いと思います。

何歳まで働ける?

年配の人も参加していたので、割と長く働けると思いますが、寒い中外で待つなど、体力的に厳しい撮影現場もあるので、寒さや暑さを我慢できる人や、健康に自信がある人は需要があると思います。

エキストラで働く上でのコツとかある?

とにかく、主要キャストのみなさんの演技の邪魔をしないことです。

「自分は動く背景」と思うと上手にエキストラのアルバイトができます。

撮影現場には、エキストラに指示を出す現場監督がいるので、その人の指示に基本的には従うことになります。

ヤフー知恵袋で書かれている質問を見て経験者が思ったこと

エキストラの仕事というと、下記のような質問がヤフー知恵袋内で書かれています。

この質問を経験者側から見て、自分だったらこうするといったアドバイスをします。

芸能関係の仕事を将来やりたくて、経験を積みたい

参考:役者を目指していてエキストラのバイトを検討中の方の質問-Yahoo知恵袋

エキストラのアルバイトをしていると、確かに女優さんを目指している方や、芸能事務所に登録している人もいるので、珍しい話ではないと思います。

実際に撮影に行くと、エキストラにも簡単な演技が求められるので、撮影現場の流れや雰囲気を経験するために登録するのはありだと思います。

ただ、その撮影現場で上手に演技ができたからといって、その後主要キャストとして監督に呼ばれるなどの話は、残念ながら聞きませんでした。

オーデイション後に多額のレッスン費を請求される

参考:エキストラのオーディションに合格後レッスン費を請求された方の質問-Yahoo知恵袋

私の所属していた事務所ではそのようなことはありませんでした。

事務所によるのではないでしょうか。

土日しか働けない

参考:役者を目指していてエキストラのバイトを検討中の方の質問-Yahoo知恵袋

土日にも案件はたくさんあったので、募集されている性別・年代にマッチすればお仕事は可能だと思います。

実際に事務所で説明を聞く際に質問したら詳細に教えてくれると思います。

複数の事務所を掛け持ち

参考:エキストラの事務所を複数登録すべきか検討中の方の質問-Yahoo知恵袋

中にはそういう人もいたので、ありだと思います。

エキストラで働くメリット、デメリットについて

エキストラで働くメリット①芸能人に会える

ただし、撮影現場は、彼らの仕事現場なので、エキストラは、主要キャストの人たちと交流しないのが鉄則でした。

「キャストの方に話しかける」などの行為は禁止され、じっと見ることすら気をつけるよう細かく注意されていました。

しかしながら、撮影の合間に生で芸能人の素顔を見ることができるのは、とても貴重な経験だったと思います。

エキストラで働くメリット②ドラマや映画の舞台裏をのぞける

完成した映画やドラマをテレビや映画館などで見たことがある人でも、なかなか、撮影現場でどのようなことが行われているのかを細かく知っている人は少ないと思います。

もちろん、興味のない人もいるでしょうが、ミーハーな私にとっては、撮影の裏側を体験できたことは、とてもいい思い出になりました。

エキストラで働くメリット③テレビに出ることができる

脇役でもテレビに映るのがとても楽しかったです。

ドラマ好きの私にとっては、画面の向こう側だった世界に自分が映っていることがとても嬉しかったです。

自分にしか分からない舞台裏を思い出しながら、「撮影したのに、カットされた」とか、「こんな風に演出されたのか」と、出演した作品が公開されるたびに感動していました。

エキストラで働くデメリット①とにかく寒かった

撮影していた期間が冬だったので、外で待つ時間は大変でした。

エキストラは、「待つことが仕事」と言われるほど、主要キャストの演技チェックやスタッフの演出を待っている時間が長いです。

その間、寒さに耐えながら、いつ呼ばれるか分からない出番待ちをするのはとても大変でした。

エキストラで働くデメリット②報酬が雀の涙

報酬はあってないようなもので、エキストラのアルバイトで稼ぐ気にはなれませんでした。

エキストラのバイトに向いている人向いてない人

向いている人①撮影現場の雰囲気に対応できる人

現場によって、求められることが全く違い、その時々に応じて瞬時に対応することが求められます。

向いている人②協調性がある人

主要キャストのほか、何十人ものスタッフ、ほかのエキストラなど、多くの人が関わって仕事をします。

自分に求められていることが何か、考え、行動することが求められます。

向いている人③服をいっぱい持っている人

撮影に必要な服は自前で準備することが多いので、結婚式用のドレスや喪服なども含め、対応できる現場が多いと事務所の人から重宝されます。

向いている人④ミーハーな人

「芸能人に会える」など、金銭面以外でやりがいを見つけないとやっていけないと思います。

向いている人⑤時間に余裕がある人

撮影は、深夜に及んだり、拘束時間が長くなってしまったり、予期せぬスケジュール変更があります。

時間がいくらかかっても大丈夫くらいの余裕がある人がやる仕事だと思います。

向いていない人①金銭的な理由でアルバイトをしたい人

報酬は「交通費をまかなう」程度と考えたほうがいいです。

金銭目的でアルバイトがしたいなら、おすすめできません。

向いていない人②寒さや暑さに耐えられない人

外で待つ時間が長い現場もあります。

いつ来るか分からない出番を外で待つのはとても大変です。