アルバイト辞典@connect

参加者の皆さんから集めた珠玉のアルバイト体験談まとめ

【スーパーバイト】向き不向きをチェック!経験者によるリアルな口コミ集

f:id:educaredstarlight:20171124122726j:plain

 家や学校の近くにスーパーって必ずありますよね。

とにかく安いから買ってしまう所とか、新鮮なものは絶対ここ!って決めてる所とか、皆さんお気に入りのスーパーは様々。

一方でかなり接触頻度の高いスーパー、小さい所であれば既に顔を覚えられているところもあるから今更応募するのは気まずい、恥ずかしい、、と思う方も多いのでは?

 

でもでも、今回経験者の方から聞いた話を聞くと、近所のスーパーでバイトすべき理由、メリットがたくさん!

もちろんネガティブな部分も包み隠さずお教えします♩

 

スーパーで働くことに決めた理由は?【利便性がピカイチ!】

f:id:educaredstarlight:20171124122741j:plain

・就職活動も終わり、卒業旅行の資金稼ぎのためのバイトを探していました。

当時、そのスーパーはとても人手不足で、半年のみという話でも雇ってもらえました。

 

元々スーパーでバイトがしたくて求人に応募したわけではなく、地元でできるバイト先がスーパーぐらいしかなかったからです。

 

応募したきっかけは、高校までバイトらしいバイトもしたことがなかったので、初めてのバイトとしてスーパーが1番取っつきやすかったのと、自宅から近いという利便性からです。

 

大学が大阪で自宅の奈良から片道約2時間かかっていたので、なるべく自宅から近くて終了後すぐに帰宅できる場所を選びました。

 

みんな理由は様々。

しかし共通点はやはり

・家から近いから

・地元でできるから

などなど利便性を考慮してスーパーでバイトすることを選ぶ方が多いよう。

私の家の近くのスーパーも、地元のスーパーも高校生やおばちゃん方が非常に多いイメージ。

「年齢関わらず、とっつきやすい」のが事実だということが分かりますね。

 

どうやって応募した?【求人サイトよりお店でチェックが主流?】

f:id:educaredstarlight:20171124143836j:plain

近所に置いてあったフリーペーパーを見て応募しました。

 

スーパーに買い物に行きバイト募集の紙が掲示してあったので、応募しました。

 

なかなか大学4年の残り半年のみという条件で雇ってもらえるところがなく、駅によく置いてあるホットペッパーに載っていて、自分の条件も満たす募集だったので、ダメ元で応募してみました。

 

フリーペーパーで見つけた方、お店で張り紙を見つけた方と応募方法は半々といったところ。

逆に求人サイトで見つけてきた方は今回回答者の中にはいませんでした。

家の近くのスーパーに目星をつけている方は直接お店に出向いて募集しているかチェックしてみるとよいでしょう。

 

シフト・時給は?【思っているより低くない?】

f:id:educaredstarlight:20171124143904j:plain

 ・週3、4回のシフトで、時給は900円くらいでした。

 

時給は850円くらいで、午前のみの勤務だったので、稼いだお金は月10万強くらいだったと思います。

 

時給は平日750円、週末は50円アップの800円、月に3万円前後のバイト代だったと思います。

 

・時給は800円。レジのバイトは週末は一日勤務でしたが平日は17時から20時までの3時間で、私にはちょうど都合のいいバイトでした。3回生秋頃までの約半年アルバイトをしました。友達と外食したり好きなものを購入したりするにはもう少し欲しかったですが、自宅近くで希望していたので良かったです。

 

地元にある+気軽に応募しやすい、ということで時給は低め。

と思いがちですが実はカフェや居酒屋などとほとんど変わりません。

もちろんお店の規模や地域にもよりますが。

高校生からおばちゃんまで幅広い層の方が働いているので学校行事やテスト期間など被ることもほとんどなくシフト調整もしやすいはず♩

 

仕事内容は人によって様々【レジ・品出し・調理】

f:id:educaredstarlight:20171124171613j:plain

 

・私は遅番だったので、夕方から夜閉店までの勤務でした。昼間のパートの方々が、終わらなかった分の、その日の作業を引き継ぐことが主な仕事でした。出勤すると、昼番の方から残りの作業を聞いて、取り掛かり、たまに、売り場のチェックとして、商品の前出しや整理をしました。その間に30分の休憩が一度ありました。だいたい、作業は、少し早めに終わり、作業場の掃除と後片付け、売り場のチェックをして、終わりです。なので、作業さえ終われば、早めに帰れることもありました。

私は、青果部門に属していて、野菜や果物に詳しくなりました。どのみかんの品種が甘くておいしいとか、野菜の鮮度の見分け方を学びました。スーパーの戦略も知ることができました。

 

主婦はもちろん、高校生でも食材に詳しくなるのって普段からかなり役立ちますよね。

生活する上で役に立つことがめちゃくちゃ身につくと思いますよ!

 

私のバイトの流れは、お店の開店前の早朝5時くらいから、お店が開店する10時までに品出しをする事でした。

 

開店までのみの仕事!これは私も初めて知りました。

お客様に気使うこともなくかなり気軽に働けますね♩

 

スーパーの中の総菜部門担当だったのですが、1日の仕事の流れは、まず他のバイトさんが調理にとりかかれるようオーブンやフライヤーの電源を入れて温めておき、その後品出しをしました。品出しが終わったら、冷蔵総菜のパック詰めをしました。総菜には10時出し、11時出し、12時出しと、時間ごとに店に出す総菜が決まっているので、その時間に間に合うように、他のバイトさんが調理した総菜をパック詰めしていきました。朝の品出し以外は、ほぼ調理室の中でパック詰めするのが主な仕事でした。

 

この方は品出しからパック詰めまで幅広くやっていますね。

人が足りていないスーパーでは一つの部門ではなく多くの役割を持つかもしれません。

かなり手際よく仕事が出来るようになりそうですね。

 

スーパーアルバイトの向き不向き

f:id:educaredstarlight:20171124171634j:plain

>こんな人に向いている

・サービスカウンターではラッピング、運送手配の他クレーム対応もあります。そんなことを言ってくるのかとびっくりするようなことを平気でおっしゃるお客様もいらっしゃるので、臨機応変に対応できる方が向いているかと思います。また、サービス業なので笑顔が大切。不愛想な表情でいると、これもクレームにつながります。仕事中は明るく丁寧に、お客様に不快な思いをさせない話し方ができる、心がけることができる人がふさわしいです。

 

私のように短期間の期間限定でお金を稼ぎたい方で体力に自信のある方、朝に比較的強い方には向いていると思います。

 

飽きっぽくてちょっとづつ違う作業をしていたい人や、スーパーの中では最も接客することが少ない部門(調理場)なので、接客が苦手な人には向いていると思います。

  

接客の仕事ではなく、基本的に作業の仕事なので、何かを黙々とするのが好きな人には向いていると思います。

 

これは仕事内容にもよりますがレジ対応の方や店頭で働く方は「笑顔でいられる方」が良いでしょう。

元気で明るい店員さんは接していても気持ちがいいですもんね。

逆に暗かったり態度の悪い人はお客さんにだけでなくスタッフ間の雰囲気も悪くしがち。レジなど、単純作業が多いですが笑顔でいてください。自分も気持ち良く仕事ができますよ♩

 

>こんな人には不向き

・手が早くない人はあまり向いていないかもしれません。自分はほぼパック詰め担当だったので、調理のスキルは特に必要ありませんでしたが、総菜のなかでも寿司部門や揚げ物部門に配置されるような場合だと、少し調理スキルが求められる部分もあるようです。

 

・アルバイトを通して何かスキルアップを目指そうとしている人、短期間でお金を稼ごうとしている人、体力に自信のない方は向いていないです。

 

立ち仕事を寒い中行うので、そうゆうのが苦手な人は、他の仕事を探したほうがいいと思います。ラップで閉じたり、袋詰めをしたり、細かい作業もあるので、大雑把な人には向いていないと思います。

 

こちらも部門によって違いますね。

性格や向き不向きを配慮したうえで仕事は振り分けられるとは思いますが、常に人が足りていないというスーパーもあるため必ずしも希望の仕事が出来るとは限りません。

面接時に聞いてみると良いでしょう。 

 

スーパーアルバイトのメリット・デメリット

f:id:educaredstarlight:20171124171702j:plain

 【メリット】

良かったところは飽きないところです。作業自体はパック詰めの単純作業なのですが、季節によって旬の食材を取り入れた総菜を作るため、今何が旬なのかを知ることができるし、季節感を感じられて飽きることがありません。

 

良かった点は、レジ打ちや調理やサービスカウンターなどの難しい業務はなく、ひたすら商品を棚に補充する業務だったので気楽にバイトに打ち込めたことです。しかも、開店前の作業だったので、お客さんを気にする必要がなく気楽でした。更に、賞味期限が切れた食品を無料でもらえたことはありがたかったです。

 

レジでは正社員の方が丁寧に説明してくださったり、アドバイスもたくさんしてくださって、サービス業について少し学ぶ事ができました。また、同じ年代のバイト仲間がたくさんいたので休憩時間は楽しくおしゃべりできて楽しかったです。勤務して間もない頃は、知り合いのおばさんやお友達のお母さんによく声をかけて頂きました。

 

季節の野菜や果物を知る事ができるのはスーパーならではですね。

特別難しい、大変という声はあまり聞かないスーパーのアルバイト。

初めてのアルバイトを始める方、気軽に働きたい方にはおすすめです。

 

 【デメリット】

生鮮食品を扱うので、作業場は冬でも暖房などがなく寒いのが大変でした。冷蔵室は別にあったので、そこまで寒くはないですが、暖房なしの部屋で、野菜を水で洗う作業などがありました。

 

セロリの袋詰めなどをすると、ゴム手袋をしているのにも関わらず、手がセロリ臭くなり次の日まで臭うこともありました。

 

・悪かったところはとにかく忙しいところと、総菜の種類や量に合わせて様々なトレーを使い分けるので、覚えるまでが大変なところです。

 

・悪かった点は、早朝でまだ寝ぼけた状態できつい力仕事をしなければならないことや、それに見合った時給をもらえなかったことです。それだけでなく、開店までに品出しを完璧に終わらせる義務があったのが大変でした。

 

朝早いのが特徴のスーパー。

朝が苦手な方にはかなりきついとは思いますが朝働いて午後は遊ぶ!という働き方も出来ます。

居酒屋やコンビニは夜勤がありますからね。それに比べスーパーは朝早い分、生活習慣も良くなると思いますよ♩

だらだら過ごしたくない学生にはかなりおすすめです!

 

何度かバイト経験者の方にお話しを聞く機会がありましたがその中でも意外と好評価だったスーパーのアルバイト。

実際に経験者に聞いてみる事で分かる事もたくさんありました。

店舗によっても働き方もガラッと変わるとは思いますが周りでスーパーのバイトをしている方に聞いてみるのも良いバイト先にめぐり合えるステップですよ!

 

筆者

f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain name:ちび

 

最近はOisixに頼りすぎてスーパーに行く頻度が落ちましたちびです。