アルバイト辞典@connect

参加者の皆さんから集めた珠玉のアルバイト体験談まとめ

【就活生必見】バイトで身に着けたあなたの特技とは?!

就活生にとって、バイトで身に着けた特技やスキルなどを、就活でアピールできるのは強みですよね。

もちろん大学の勉強で頑張ったこと、サークル活動なども大事ですが、バイトこそ実際に働く仕事として就活に繋がりやすいものはないです。

 

人って常に自分のことを過小評価してしまいがちなので(特に日本人は)、自分のアピールポイントなんてなかなか見つからないですし、自慢できることなんて「私には何もない!!」と思ってしまうのが普通です。

私も例によって同じでした。いくらそれなりにバイトを経験してきているとはいえ、それを特技や能力として人にアピールできるかと言われれば…まったく自身はなかったです(^-^;

 

でも。ある日思いました。

 

人ってもっと自分に自信を持っていいんじゃないのかと…!

 

だってよくよく考えれば、接客経験が全くない人と比べれば、普通にやっている接客だって十分特技やスキルとして自慢できることなのだと思えて来ませんか?

なんか接客とかだと、さすがに当たり前すぎて「私すごい!」なんてなかなか思えないものですけどね…(^-^;

 

でも、せっかくやってきたバイトです。

「これなら私もある程度特技として誇っていいかも…」と思えるものがあったら、ぜひアピールしていくべきなんだと思います。

 

前置きが長くなりましたが、今回は私がバイトを通して身に着けた特技をいろいろご紹介していきたいと思います。

「へ~!こんなバイトやるとこんな特技身につくんだ。それなら就活に役立ちそうだしこのバイトやってみよっかな」

「あっ!これなら私もできる!じゃあアピールしてみよう!」

とか少しでも思ってもらえたら幸いです!

 

タイピング

私はデータ入力、コールセンター(パソコン使いますからね…)、事務などのバイトを期間はそれぞれ違えどもそこそこ経験してきているので、これを通してだいぶタイピングが早くなったなぁという実感はあります。

普通に趣味としてパソコンをたまに使うだけでは、当然タイピングなんか早くなりませんよね。

ブラインドタッチなんてもってのほかです。

 

でも!やっぱり事務仕事やデータ入力系のバイトは強いですね。何しろ毎日のように、何時間も文字を打ってばかりなので、嫌でもタイピングが早くなりますし、キーボードを見なくてもある程度は打ち込めるようになってくるんです。

 

私の友達が前に言ってました。

「あんなに早くタイピングできる人って、頭の中どうなってのかなあ?

持って生まれた才能だよね。頭の回転早そう」

 

いやいやいやいや。才能なんかじゃないですよ。

普通にタイピングは時間をかけて何度もやっていれば、誰だってある程度早く打てるようになるものなんです。才能じゃなくて努力です。慣れです。

かく言う私だって、もともとは全然早くなかったですからね。キーボードも見ながらタイピングやってましたし。

 

今時パソコンに全く触れない事なんてなかなかないですし、ある程度タイピングができることはもはや当然求められることになっている傾向はありますよね。

だからこそ、タイピングが早いことは特技として十分アピールできるはずです!事務系のバイトをやっている人、やっていた人は、タイピングが早いころ、ブラインドタッチができることなどはぜひぜひアピールしてみてください。

 

複数の作業を同時並行でこなせる

これってある意味どのバイトでも、ある程度必要なスキルだと思うんですよね。特に接客業とか。

世の中にあるバイトの仕事内容を考えてみると、なかなか一つの作業にひたすら集中する仕事ってあまりないものです。

接客業は常にお客さんのことを気にしながら何か別の作業をやったりすることが多いですし、実際上で紹介したデータ入力のバイトも、リーダーの人とチャットでやり取りしながら作業をしなければいけなかったので、同時並行が求められました。

 

ちなみに私が一番今までのバイトの中で同時並行に苦労したのは、コールセンターでお客さんと喋りながら対応記録をパソコンに打ち込むことです…。

意外ときついんですよね。喋っているとやっぱりその会話にばかり集中してしまいがちですし、すると手が止まってしまったりとかして…。慣れるまでには時間がかかりました(^-^;

 

それから、作業を同時並行することでよく覚えているのはコンビニのバイトですね。

コンビニのバイトって少人数でお店を回していくことがほとんどなので、お客さんがいっぱい来てしまって、かつ作業もたくさん残っているときなどは本当にきつかったりするんです…。正直猫の手も借りたいくらい!!

コンビニって結構ひっきりなしに商品の入荷もあるので、検品して品出しするという流れの作業を基本はやりながら、お客さんが来たらレジをやって…というのを繰り返します。

でもこれが、一つの作業に集中しすぎてしまうと、なかなかできなくてきついんですよね。品出しに集中してしまうとレジにお客さんが来ても全然気づけなかったりとかして。

 

おかげでコンビニのバイトをやっているときも、かなり同時並行するというスキルが上がったような気がしますね。

複数の作業を同時並行できるというのは、臨機応変な対応力、視野の広さなどにも繋がってきます。特に接客業をやっていた人は、特技としてアピールポイントになるはずです!

 

営業スマイル

特技…と呼べるのかは分かりませんが、これも接客業をやっていた人は必見ですね。

あなたのその接客で活かしている笑顔や明るさ、それだって十分アピールできる部分にはなるはずです。

 

実は私、接客のバイトはいろいろやりつつも、笑顔で接客するのって結構苦手でした。遺文では笑っているつもりでも、相手からしてみたら「暗い」「不愛想」という印象でしかなかったですね。初めてその事実を知った時はちょっと衝撃でした。分からないものですね…。

で、私は改めて自分の接客の仕方、笑顔の作り方などを見つめ直そうとしたわけです。

 

そこで飛び込んだバイト先がパチンコ店だったんですが、意外とパチンコ店って接客のレベルがかなり高いことをご存知でしょうか?

まあもちろんお店にもよっていろいろ方針はありますが、特に私が最初にバイトしたパチンコ店は接客に厳しかったんですね。今思えばちょっと異常なんじゃないかって思うくらい(笑)

しかもパチンコ店って本当に音がうるさいですよね。だからこそ、めっちゃくちゃ大声を出して接客しなきゃいけないんです。そして笑顔もオーバーに、と言われてましたね。もうほんと、とにかく明るく元気に、って感じです。

 

で、そのときに「オーバー過ぎるくらいの方が、周りから見たときちょうど良い」と聞いたのをよく覚えてるんですね。私はその言葉にもかなり衝撃を受けました。

 

それからというもの、私は接客すること、笑顔で明るく対応することが本当に好きになりました。最初こそかなり大変でしたけど、なぜ楽しくなったのかと言えば、やっぱり笑顔で接客するとお客さんも嬉しそうに笑ってくれることが多いんですね…!実はこれかなり接客する側としてはかなり嬉しいんです。

 

接客のバイトをたくさんやってきた人なら、ぜひぜひその明るさや笑顔を大事にして、特技としてアピールしてしまいましょう。

それに笑顔で振舞えること、それ自体は面接の場などでもかなり役立つはずです!

 

コミュ力

そこまで自信もっていいのかわからないですけど、ここはあえて特技として書かせて頂くのが、コミュ力です。コミュニケーション能力ですね!

私、バイトを始めた当初は人見知りだし、コミュ障だしで本当に対人能力がかーなーりひどかったんですね…コミュ力高い人なんて私からしてみれば雲の上の存在でした(^-^;

 

でも、バイトをいろいろ経験してくると、コミュニケーション能力って知らない間に磨かれてくるものなんですよね。

接客が多かったせいかもしれません。嫌でもたくさんのお客さんと接しますし、接客系のバイトはバイトメンバーも入れ替わりが激しかったり、人数が多いところも多いですからね。自然と「その場にいた人と仲良くなる」というコミュ力が上がっていくんですね。

 

バイトメンバー同士の飲み会も多かったり、あと休憩中なども含めて、バイトメンバー同士で交流というのは嫌でも深めていかなくてはいけないものになってきます。

そこで私もビシバシ鍛えられたんでしょうね。おかげ様で、昔と比べると全然人見知りもしなくなったなーというのは実感があります。

 

ちょっと自慢っぽくなってしまってすみませんが、実際、「〇〇さん(=私)ってコミュ力高いよね。羨ましいなぁ~」と言われたこともあったりしました。ちょっと買いかぶりすぎだよ!と思いつつも、これはかなり嬉しかったですね。バイトをいろいろ経験してきたからでしょうか…有難いことです。

 

就活の場などでは、対人スキル、コミュニケーション能力って特に重視されると思うんですね。誰とでも仲良くなれる力があることや、人と話すことが好きなことなど、アピールできるポイントはたくさんあると思います!

どんなにコミュ力に自信がない人でも、バイトを経験していれば、自然とコミュ力はある程度鍛えられているものなんです。

 

「〇〇というアルバイトを通して、初対面の人とでも仲良くなれる力を身に着けることができました!」と、アピールして全然OKだと思いますよ!

 

リーダーシップ

バイトでバイトリーダー的なポジションを任されたことがある人も結構多いのではないでしょうか?

私はリーダーを任されたこと自体はないのですが、とあるバイト先では率先して飲み会の幹事をよくやってましたね。

 

まあ…「飲み会を~」というのを就活の場でアピールするのはちょっとためらわれるかもしれませんが、この幹事を何度か務めることができたのは、かなり良い経験になったなあと今でも思います。

 

やっぱり幹事って思っていた以上に大変なんですよね。みんなの予定を聞いて、お店探して、予約して、段取りとかいろいろ考えて・・・そして当日はテーブルのあちこち回って、喋ったりとか、お会計とか気にしたりとか、いろいろやることがあります。

バイトの業務内でのリーダー経験は確かにないですが、このような場ではリーダーシップを発揮することに奮闘していたなぁとよく思います。

 

ただ独りよがりになって引っ張るだけではいけなくて、周りにも気を回さなきゃいけない…リーダーとか主催って本当に大変ですよね。バイトでリーダー経験のある人は良く分かると思います。

 

まあ、飲み会の幹事のことをアピールできるかは職種や場の雰囲気などにもよりけりですが、バイトの業務などでリーダーを任されていた経験のある人は、積極的にアピールしていくべきだと思います。

リーダーって本当に貴重な役割です。自分自身では気づいていなくても、他と比べるとすごい大変なことをしているのを、ぜひ誇ってください!

リーダーシップは社会に出てからもとっても必要なことですからね。就活でアピールすることができれば、絶対に好印象を勝ち取れるはずですよ!

 

効率化

ちょっと特技と呼べるのかこれも謎にはなりますが…私、結構作業系のバイトは「もっと効率よくやれないかなぁ」と考えてしまうものなんですね。

もちろん教えられたとおりにそのままやっているのも良いんですが、よくよく考えてみればもっと早くやれるやり方があったり、自分だからこそやりやすいやり方があったりするんです。

 

それで仕事が早くなってくると、だんだん「効率化」することが楽しくなってきて、気が付けばいろいろなバイトで効率化を考えながら仕事するようになってました(笑)

 

作業系のバイトをしてきた人や、とにかく仕事量が多かったバイトをしてきた人などは、自然と頭の中で効率化を模索しながら仕事をしていたはずです。

この効率化は仕事の早さやより良いものを模索する力にも繋がってくるものです。何かを効率よくこなすやり方を模索することが好きな人などは、このあたりのこともアピールしておくと良さそうですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちょっとした自慢話みたいにもなってしまったような気がしますが、「これなら私でもアピールできそう…」という自信を持つきっかけに繋がれば幸いです!

 

バイトだから当たり前にやってきたことでも、よくよく考えてみれば特技としてアピールできることっていっぱいあるんですよね。何しろそのバイトをやってきてない人からすれば、できないことなわけですから。

ぜひ自分のバイト経験を振り返り、誇れる部分をたくさん探してみてくださいね!バイトを頑張ってきた人なら、いくらでもアピールポイントは見つかるはずです!

 


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。