アルバイト辞典@connect

参加者の皆さんから集めた珠玉のアルバイト体験談まとめ

11月26日 今日のバイト日記(大阪王将)

日曜日のバイトは毎週なかなかに忙しい。

しかし、今日の王将はそんなものとは比べ物にならないくらい、繁盛繁盛大繁盛、まさにありがた大迷惑というほどお客様がご来店した。

そんなわけで今日も今日とてたくさんのお客様とのふれあいを楽しんだわけだが、本日のMVPは中学生男子3人組だ。

普通の学ランを着て普通に3人とも眼鏡をかけていて、普通に真面目そうな3人組だった。

推定中学2年生くらいだろうか。多感な時期であると思われる。

この3人のうち一人がエビチリを注文した。大阪王将におけるエビチリの正式名想は「ぷりぷりエビのチリソース」である。

私は店員なので、もちろん正式名称で商品名を言う必要がある。

しかし、こいつらは私が「ぷりぷりエビのチリソース」という単語を口にするたびに何がおかしいのか、クスクス、ニヤニヤ、ヒソヒソと笑いあうのだ。

のみならず、小声で「ぷりぷりエビ、ぷりぷりエビ」と繰り返しさえする。

私は思い当たった。……こいつらまさか「ぷりぷり」に反応して笑っているのか?

確かに「ぷりぷり」の響きはどこか肉感的な気がしないでもないが、対象はしょせんエビである。

中学生の想像力の強大さにただただ辟易するばかりであった。

ただ、かくいう私も、「ジャンボ肉汁餃子」という商品名に限っては口にするのが若干恥ずかしい。なんとなく。

 

バイト日記(大阪王将) カテゴリーの記事一覧