アルバイト辞典@connect

参加者の皆さんから集めた珠玉のアルバイト体験談まとめ

【スーパーバイト】向き不向きをチェック!経験者によるリアルな口コミ集

f:id:educaredstarlight:20171124122726j:plain

 家や学校の近くにスーパーって必ずありますよね。

とにかく安いから買ってしまう所とか、新鮮なものは絶対ここ!って決めてる所とか、皆さんお気に入りのスーパーは様々。

一方でかなり接触頻度の高いスーパー、小さい所であれば既に顔を覚えられているところもあるから今更応募するのは気まずい、恥ずかしい、、と思う方も多いのでは?

 

でもでも、今回経験者の方から聞いた話を聞くと、近所のスーパーでバイトすべき理由、メリットがたくさん!

もちろんネガティブな部分も包み隠さずお教えします♩

 

スーパーで働くことに決めた理由は?【利便性がピカイチ!】

f:id:educaredstarlight:20171124122741j:plain

・就職活動も終わり、卒業旅行の資金稼ぎのためのバイトを探していました。

当時、そのスーパーはとても人手不足で、半年のみという話でも雇ってもらえました。

 

元々スーパーでバイトがしたくて求人に応募したわけではなく、地元でできるバイト先がスーパーぐらいしかなかったからです。

 

応募したきっかけは、高校までバイトらしいバイトもしたことがなかったので、初めてのバイトとしてスーパーが1番取っつきやすかったのと、自宅から近いという利便性からです。

 

大学が大阪で自宅の奈良から片道約2時間かかっていたので、なるべく自宅から近くて終了後すぐに帰宅できる場所を選びました。

 

みんな理由は様々。

しかし共通点はやはり

・家から近いから

・地元でできるから

などなど利便性を考慮してスーパーでバイトすることを選ぶ方が多いよう。

私の家の近くのスーパーも、地元のスーパーも高校生やおばちゃん方が非常に多いイメージ。

「年齢関わらず、とっつきやすい」のが事実だということが分かりますね。

 

どうやって応募した?【求人サイトよりお店でチェックが主流?】

f:id:educaredstarlight:20171124143836j:plain

近所に置いてあったフリーペーパーを見て応募しました。

 

スーパーに買い物に行きバイト募集の紙が掲示してあったので、応募しました。

 

なかなか大学4年の残り半年のみという条件で雇ってもらえるところがなく、駅によく置いてあるホットペッパーに載っていて、自分の条件も満たす募集だったので、ダメ元で応募してみました。

 

フリーペーパーで見つけた方、お店で張り紙を見つけた方と応募方法は半々といったところ。

逆に求人サイトで見つけてきた方は今回回答者の中にはいませんでした。

家の近くのスーパーに目星をつけている方は直接お店に出向いて募集しているかチェックしてみるとよいでしょう。

 

シフト・時給は?【思っているより低くない?】

f:id:educaredstarlight:20171124143904j:plain

 ・週3、4回のシフトで、時給は900円くらいでした。

 

時給は850円くらいで、午前のみの勤務だったので、稼いだお金は月10万強くらいだったと思います。

 

時給は平日750円、週末は50円アップの800円、月に3万円前後のバイト代だったと思います。

 

・時給は800円。レジのバイトは週末は一日勤務でしたが平日は17時から20時までの3時間で、私にはちょうど都合のいいバイトでした。3回生秋頃までの約半年アルバイトをしました。友達と外食したり好きなものを購入したりするにはもう少し欲しかったですが、自宅近くで希望していたので良かったです。

 

地元にある+気軽に応募しやすい、ということで時給は低め。

と思いがちですが実はカフェや居酒屋などとほとんど変わりません。

もちろんお店の規模や地域にもよりますが。

高校生からおばちゃんまで幅広い層の方が働いているので学校行事やテスト期間など被ることもほとんどなくシフト調整もしやすいはず♩

 

仕事内容は人によって様々【レジ・品出し・調理】

f:id:educaredstarlight:20171124171613j:plain

 

・私は遅番だったので、夕方から夜閉店までの勤務でした。昼間のパートの方々が、終わらなかった分の、その日の作業を引き継ぐことが主な仕事でした。出勤すると、昼番の方から残りの作業を聞いて、取り掛かり、たまに、売り場のチェックとして、商品の前出しや整理をしました。その間に30分の休憩が一度ありました。だいたい、作業は、少し早めに終わり、作業場の掃除と後片付け、売り場のチェックをして、終わりです。なので、作業さえ終われば、早めに帰れることもありました。

私は、青果部門に属していて、野菜や果物に詳しくなりました。どのみかんの品種が甘くておいしいとか、野菜の鮮度の見分け方を学びました。スーパーの戦略も知ることができました。

 

主婦はもちろん、高校生でも食材に詳しくなるのって普段からかなり役立ちますよね。

生活する上で役に立つことがめちゃくちゃ身につくと思いますよ!

 

私のバイトの流れは、お店の開店前の早朝5時くらいから、お店が開店する10時までに品出しをする事でした。

 

開店までのみの仕事!これは私も初めて知りました。

お客様に気使うこともなくかなり気軽に働けますね♩

 

スーパーの中の総菜部門担当だったのですが、1日の仕事の流れは、まず他のバイトさんが調理にとりかかれるようオーブンやフライヤーの電源を入れて温めておき、その後品出しをしました。品出しが終わったら、冷蔵総菜のパック詰めをしました。総菜には10時出し、11時出し、12時出しと、時間ごとに店に出す総菜が決まっているので、その時間に間に合うように、他のバイトさんが調理した総菜をパック詰めしていきました。朝の品出し以外は、ほぼ調理室の中でパック詰めするのが主な仕事でした。

 

この方は品出しからパック詰めまで幅広くやっていますね。

人が足りていないスーパーでは一つの部門ではなく多くの役割を持つかもしれません。

かなり手際よく仕事が出来るようになりそうですね。

 

スーパーアルバイトの向き不向き

f:id:educaredstarlight:20171124171634j:plain

>こんな人に向いている

・サービスカウンターではラッピング、運送手配の他クレーム対応もあります。そんなことを言ってくるのかとびっくりするようなことを平気でおっしゃるお客様もいらっしゃるので、臨機応変に対応できる方が向いているかと思います。また、サービス業なので笑顔が大切。不愛想な表情でいると、これもクレームにつながります。仕事中は明るく丁寧に、お客様に不快な思いをさせない話し方ができる、心がけることができる人がふさわしいです。

 

私のように短期間の期間限定でお金を稼ぎたい方で体力に自信のある方、朝に比較的強い方には向いていると思います。

 

飽きっぽくてちょっとづつ違う作業をしていたい人や、スーパーの中では最も接客することが少ない部門(調理場)なので、接客が苦手な人には向いていると思います。

  

接客の仕事ではなく、基本的に作業の仕事なので、何かを黙々とするのが好きな人には向いていると思います。

 

これは仕事内容にもよりますがレジ対応の方や店頭で働く方は「笑顔でいられる方」が良いでしょう。

元気で明るい店員さんは接していても気持ちがいいですもんね。

逆に暗かったり態度の悪い人はお客さんにだけでなくスタッフ間の雰囲気も悪くしがち。レジなど、単純作業が多いですが笑顔でいてください。自分も気持ち良く仕事ができますよ♩

 

>こんな人には不向き

・手が早くない人はあまり向いていないかもしれません。自分はほぼパック詰め担当だったので、調理のスキルは特に必要ありませんでしたが、総菜のなかでも寿司部門や揚げ物部門に配置されるような場合だと、少し調理スキルが求められる部分もあるようです。

 

・アルバイトを通して何かスキルアップを目指そうとしている人、短期間でお金を稼ごうとしている人、体力に自信のない方は向いていないです。

 

立ち仕事を寒い中行うので、そうゆうのが苦手な人は、他の仕事を探したほうがいいと思います。ラップで閉じたり、袋詰めをしたり、細かい作業もあるので、大雑把な人には向いていないと思います。

 

こちらも部門によって違いますね。

性格や向き不向きを配慮したうえで仕事は振り分けられるとは思いますが、常に人が足りていないというスーパーもあるため必ずしも希望の仕事が出来るとは限りません。

面接時に聞いてみると良いでしょう。 

 

スーパーアルバイトのメリット・デメリット

f:id:educaredstarlight:20171124171702j:plain

 【メリット】

良かったところは飽きないところです。作業自体はパック詰めの単純作業なのですが、季節によって旬の食材を取り入れた総菜を作るため、今何が旬なのかを知ることができるし、季節感を感じられて飽きることがありません。

 

良かった点は、レジ打ちや調理やサービスカウンターなどの難しい業務はなく、ひたすら商品を棚に補充する業務だったので気楽にバイトに打ち込めたことです。しかも、開店前の作業だったので、お客さんを気にする必要がなく気楽でした。更に、賞味期限が切れた食品を無料でもらえたことはありがたかったです。

 

レジでは正社員の方が丁寧に説明してくださったり、アドバイスもたくさんしてくださって、サービス業について少し学ぶ事ができました。また、同じ年代のバイト仲間がたくさんいたので休憩時間は楽しくおしゃべりできて楽しかったです。勤務して間もない頃は、知り合いのおばさんやお友達のお母さんによく声をかけて頂きました。

 

季節の野菜や果物を知る事ができるのはスーパーならではですね。

特別難しい、大変という声はあまり聞かないスーパーのアルバイト。

初めてのアルバイトを始める方、気軽に働きたい方にはおすすめです。

 

 【デメリット】

生鮮食品を扱うので、作業場は冬でも暖房などがなく寒いのが大変でした。冷蔵室は別にあったので、そこまで寒くはないですが、暖房なしの部屋で、野菜を水で洗う作業などがありました。

 

セロリの袋詰めなどをすると、ゴム手袋をしているのにも関わらず、手がセロリ臭くなり次の日まで臭うこともありました。

 

・悪かったところはとにかく忙しいところと、総菜の種類や量に合わせて様々なトレーを使い分けるので、覚えるまでが大変なところです。

 

・悪かった点は、早朝でまだ寝ぼけた状態できつい力仕事をしなければならないことや、それに見合った時給をもらえなかったことです。それだけでなく、開店までに品出しを完璧に終わらせる義務があったのが大変でした。

 

朝早いのが特徴のスーパー。

朝が苦手な方にはかなりきついとは思いますが朝働いて午後は遊ぶ!という働き方も出来ます。

居酒屋やコンビニは夜勤がありますからね。それに比べスーパーは朝早い分、生活習慣も良くなると思いますよ♩

だらだら過ごしたくない学生にはかなりおすすめです!

 

何度かバイト経験者の方にお話しを聞く機会がありましたがその中でも意外と好評価だったスーパーのアルバイト。

実際に経験者に聞いてみる事で分かる事もたくさんありました。

店舗によっても働き方もガラッと変わるとは思いますが周りでスーパーのバイトをしている方に聞いてみるのも良いバイト先にめぐり合えるステップですよ!

 

筆者

f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain name:ちび

 

最近はOisixに頼りすぎてスーパーに行く頻度が落ちましたちびです。

【就活生必見】バイトで身に着けたあなたの特技とは?!

就活生にとって、バイトで身に着けた特技やスキルなどを、就活でアピールできるのは強みですよね。

もちろん大学の勉強で頑張ったこと、サークル活動なども大事ですが、バイトこそ実際に働く仕事として就活に繋がりやすいものはないです。

 

人って常に自分のことを過小評価してしまいがちなので(特に日本人は)、自分のアピールポイントなんてなかなか見つからないですし、自慢できることなんて「私には何もない!!」と思ってしまうのが普通です。

私も例によって同じでした。いくらそれなりにバイトを経験してきているとはいえ、それを特技や能力として人にアピールできるかと言われれば…まったく自身はなかったです(^-^;

 

でも。ある日思いました。

 

人ってもっと自分に自信を持っていいんじゃないのかと…!

 

だってよくよく考えれば、接客経験が全くない人と比べれば、普通にやっている接客だって十分特技やスキルとして自慢できることなのだと思えて来ませんか?

なんか接客とかだと、さすがに当たり前すぎて「私すごい!」なんてなかなか思えないものですけどね…(^-^;

 

でも、せっかくやってきたバイトです。

「これなら私もある程度特技として誇っていいかも…」と思えるものがあったら、ぜひアピールしていくべきなんだと思います。

 

前置きが長くなりましたが、今回は私がバイトを通して身に着けた特技をいろいろご紹介していきたいと思います。

「へ~!こんなバイトやるとこんな特技身につくんだ。それなら就活に役立ちそうだしこのバイトやってみよっかな」

「あっ!これなら私もできる!じゃあアピールしてみよう!」

とか少しでも思ってもらえたら幸いです!

 

タイピング

私はデータ入力、コールセンター(パソコン使いますからね…)、事務などのバイトを期間はそれぞれ違えどもそこそこ経験してきているので、これを通してだいぶタイピングが早くなったなぁという実感はあります。

普通に趣味としてパソコンをたまに使うだけでは、当然タイピングなんか早くなりませんよね。

ブラインドタッチなんてもってのほかです。

 

でも!やっぱり事務仕事やデータ入力系のバイトは強いですね。何しろ毎日のように、何時間も文字を打ってばかりなので、嫌でもタイピングが早くなりますし、キーボードを見なくてもある程度は打ち込めるようになってくるんです。

 

私の友達が前に言ってました。

「あんなに早くタイピングできる人って、頭の中どうなってのかなあ?

持って生まれた才能だよね。頭の回転早そう」

 

いやいやいやいや。才能なんかじゃないですよ。

普通にタイピングは時間をかけて何度もやっていれば、誰だってある程度早く打てるようになるものなんです。才能じゃなくて努力です。慣れです。

かく言う私だって、もともとは全然早くなかったですからね。キーボードも見ながらタイピングやってましたし。

 

今時パソコンに全く触れない事なんてなかなかないですし、ある程度タイピングができることはもはや当然求められることになっている傾向はありますよね。

だからこそ、タイピングが早いことは特技として十分アピールできるはずです!事務系のバイトをやっている人、やっていた人は、タイピングが早いころ、ブラインドタッチができることなどはぜひぜひアピールしてみてください。

 

複数の作業を同時並行でこなせる

これってある意味どのバイトでも、ある程度必要なスキルだと思うんですよね。特に接客業とか。

世の中にあるバイトの仕事内容を考えてみると、なかなか一つの作業にひたすら集中する仕事ってあまりないものです。

接客業は常にお客さんのことを気にしながら何か別の作業をやったりすることが多いですし、実際上で紹介したデータ入力のバイトも、リーダーの人とチャットでやり取りしながら作業をしなければいけなかったので、同時並行が求められました。

 

ちなみに私が一番今までのバイトの中で同時並行に苦労したのは、コールセンターでお客さんと喋りながら対応記録をパソコンに打ち込むことです…。

意外ときついんですよね。喋っているとやっぱりその会話にばかり集中してしまいがちですし、すると手が止まってしまったりとかして…。慣れるまでには時間がかかりました(^-^;

 

それから、作業を同時並行することでよく覚えているのはコンビニのバイトですね。

コンビニのバイトって少人数でお店を回していくことがほとんどなので、お客さんがいっぱい来てしまって、かつ作業もたくさん残っているときなどは本当にきつかったりするんです…。正直猫の手も借りたいくらい!!

コンビニって結構ひっきりなしに商品の入荷もあるので、検品して品出しするという流れの作業を基本はやりながら、お客さんが来たらレジをやって…というのを繰り返します。

でもこれが、一つの作業に集中しすぎてしまうと、なかなかできなくてきついんですよね。品出しに集中してしまうとレジにお客さんが来ても全然気づけなかったりとかして。

 

おかげでコンビニのバイトをやっているときも、かなり同時並行するというスキルが上がったような気がしますね。

複数の作業を同時並行できるというのは、臨機応変な対応力、視野の広さなどにも繋がってきます。特に接客業をやっていた人は、特技としてアピールポイントになるはずです!

 

営業スマイル

特技…と呼べるのかは分かりませんが、これも接客業をやっていた人は必見ですね。

あなたのその接客で活かしている笑顔や明るさ、それだって十分アピールできる部分にはなるはずです。

 

実は私、接客のバイトはいろいろやりつつも、笑顔で接客するのって結構苦手でした。遺文では笑っているつもりでも、相手からしてみたら「暗い」「不愛想」という印象でしかなかったですね。初めてその事実を知った時はちょっと衝撃でした。分からないものですね…。

で、私は改めて自分の接客の仕方、笑顔の作り方などを見つめ直そうとしたわけです。

 

そこで飛び込んだバイト先がパチンコ店だったんですが、意外とパチンコ店って接客のレベルがかなり高いことをご存知でしょうか?

まあもちろんお店にもよっていろいろ方針はありますが、特に私が最初にバイトしたパチンコ店は接客に厳しかったんですね。今思えばちょっと異常なんじゃないかって思うくらい(笑)

しかもパチンコ店って本当に音がうるさいですよね。だからこそ、めっちゃくちゃ大声を出して接客しなきゃいけないんです。そして笑顔もオーバーに、と言われてましたね。もうほんと、とにかく明るく元気に、って感じです。

 

で、そのときに「オーバー過ぎるくらいの方が、周りから見たときちょうど良い」と聞いたのをよく覚えてるんですね。私はその言葉にもかなり衝撃を受けました。

 

それからというもの、私は接客すること、笑顔で明るく対応することが本当に好きになりました。最初こそかなり大変でしたけど、なぜ楽しくなったのかと言えば、やっぱり笑顔で接客するとお客さんも嬉しそうに笑ってくれることが多いんですね…!実はこれかなり接客する側としてはかなり嬉しいんです。

 

接客のバイトをたくさんやってきた人なら、ぜひぜひその明るさや笑顔を大事にして、特技としてアピールしてしまいましょう。

それに笑顔で振舞えること、それ自体は面接の場などでもかなり役立つはずです!

 

コミュ力

そこまで自信もっていいのかわからないですけど、ここはあえて特技として書かせて頂くのが、コミュ力です。コミュニケーション能力ですね!

私、バイトを始めた当初は人見知りだし、コミュ障だしで本当に対人能力がかーなーりひどかったんですね…コミュ力高い人なんて私からしてみれば雲の上の存在でした(^-^;

 

でも、バイトをいろいろ経験してくると、コミュニケーション能力って知らない間に磨かれてくるものなんですよね。

接客が多かったせいかもしれません。嫌でもたくさんのお客さんと接しますし、接客系のバイトはバイトメンバーも入れ替わりが激しかったり、人数が多いところも多いですからね。自然と「その場にいた人と仲良くなる」というコミュ力が上がっていくんですね。

 

バイトメンバー同士の飲み会も多かったり、あと休憩中なども含めて、バイトメンバー同士で交流というのは嫌でも深めていかなくてはいけないものになってきます。

そこで私もビシバシ鍛えられたんでしょうね。おかげ様で、昔と比べると全然人見知りもしなくなったなーというのは実感があります。

 

ちょっと自慢っぽくなってしまってすみませんが、実際、「〇〇さん(=私)ってコミュ力高いよね。羨ましいなぁ~」と言われたこともあったりしました。ちょっと買いかぶりすぎだよ!と思いつつも、これはかなり嬉しかったですね。バイトをいろいろ経験してきたからでしょうか…有難いことです。

 

就活の場などでは、対人スキル、コミュニケーション能力って特に重視されると思うんですね。誰とでも仲良くなれる力があることや、人と話すことが好きなことなど、アピールできるポイントはたくさんあると思います!

どんなにコミュ力に自信がない人でも、バイトを経験していれば、自然とコミュ力はある程度鍛えられているものなんです。

 

「〇〇というアルバイトを通して、初対面の人とでも仲良くなれる力を身に着けることができました!」と、アピールして全然OKだと思いますよ!

 

リーダーシップ

バイトでバイトリーダー的なポジションを任されたことがある人も結構多いのではないでしょうか?

私はリーダーを任されたこと自体はないのですが、とあるバイト先では率先して飲み会の幹事をよくやってましたね。

 

まあ…「飲み会を~」というのを就活の場でアピールするのはちょっとためらわれるかもしれませんが、この幹事を何度か務めることができたのは、かなり良い経験になったなあと今でも思います。

 

やっぱり幹事って思っていた以上に大変なんですよね。みんなの予定を聞いて、お店探して、予約して、段取りとかいろいろ考えて・・・そして当日はテーブルのあちこち回って、喋ったりとか、お会計とか気にしたりとか、いろいろやることがあります。

バイトの業務内でのリーダー経験は確かにないですが、このような場ではリーダーシップを発揮することに奮闘していたなぁとよく思います。

 

ただ独りよがりになって引っ張るだけではいけなくて、周りにも気を回さなきゃいけない…リーダーとか主催って本当に大変ですよね。バイトでリーダー経験のある人は良く分かると思います。

 

まあ、飲み会の幹事のことをアピールできるかは職種や場の雰囲気などにもよりけりですが、バイトの業務などでリーダーを任されていた経験のある人は、積極的にアピールしていくべきだと思います。

リーダーって本当に貴重な役割です。自分自身では気づいていなくても、他と比べるとすごい大変なことをしているのを、ぜひ誇ってください!

リーダーシップは社会に出てからもとっても必要なことですからね。就活でアピールすることができれば、絶対に好印象を勝ち取れるはずですよ!

 

効率化

ちょっと特技と呼べるのかこれも謎にはなりますが…私、結構作業系のバイトは「もっと効率よくやれないかなぁ」と考えてしまうものなんですね。

もちろん教えられたとおりにそのままやっているのも良いんですが、よくよく考えてみればもっと早くやれるやり方があったり、自分だからこそやりやすいやり方があったりするんです。

 

それで仕事が早くなってくると、だんだん「効率化」することが楽しくなってきて、気が付けばいろいろなバイトで効率化を考えながら仕事するようになってました(笑)

 

作業系のバイトをしてきた人や、とにかく仕事量が多かったバイトをしてきた人などは、自然と頭の中で効率化を模索しながら仕事をしていたはずです。

この効率化は仕事の早さやより良いものを模索する力にも繋がってくるものです。何かを効率よくこなすやり方を模索することが好きな人などは、このあたりのこともアピールしておくと良さそうですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちょっとした自慢話みたいにもなってしまったような気がしますが、「これなら私でもアピールできそう…」という自信を持つきっかけに繋がれば幸いです!

 

バイトだから当たり前にやってきたことでも、よくよく考えてみれば特技としてアピールできることっていっぱいあるんですよね。何しろそのバイトをやってきてない人からすれば、できないことなわけですから。

ぜひ自分のバイト経験を振り返り、誇れる部分をたくさん探してみてくださいね!バイトを頑張ってきた人なら、いくらでもアピールポイントは見つかるはずです!

 


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。

【仕事に飽きたなんて言わせない!】仕事に飽きるのが早い人向けの便利屋バイト紹介

便利屋ってご存知ですか?

その名の通り、なんでもしてくれる便利な人たちのことを便利屋とよく言ったりします。何でも屋とも言われますね。

 

そんな便利屋のバイトが、実は巷で話題を呼んでいるのを知っていましたか?

 

高時給のバイトと言えば、コールセンター、パチンコ店、家電量販店、もしくは夜のお仕事など…いろいろありますが、最近そんな高時給のバイトの中でも注目されているのが便利屋のバイトなんですね。

ですが…便利屋とはどんなことをやるのでしょうか?なじみがない人は、何をやるのかすら全くイメージがつきませんよね。なんでもやるとは言っても、人としてやれることはある程度限られてくるものです。

 

今回は、そんな便利屋のバイトについて、気になる時給から仕事内容まで、詳しくご紹介していきたいと思います!

 

便利屋とは?

そもそも便利屋って何なんでしょう…。そもそも怪しい仕事ではないのでしょうか。

お困りのことなんでもやりますなんてちょっと怖すぎますよね。犯罪にでも巻き込まれたりしたら、高時給で稼げてやったーどころの話ではないです…。

 

ですが、安心してください。便利屋はちゃんとしたお仕事の一つで、最近特に会社を辞めて自分で便利屋を開業するなどの人が増えているんです。

そのためバイトの求人などもいろいろあるようですよ。探せばきっと便利屋の求人はたくさん出てくるはずです。中には従業員が女性のみの便利屋さんなども。女性のお客さんも安心できますね。

 

便利屋って何をするの?仕事内容は?

さて。肝心の便利屋の仕事内容とは何なのでしょうか。一言で便利屋とは言っても、具体的に何をするのかはなかなか思いつきませんよね…。

基本的には相談次第で「何でも」承るのが便利屋、何でも屋の仕事ですが、主に多いのは以下のような仕事のようです。

 

掃除

部屋の掃除を手伝ってほしい、エアコンのフィルターを掃除してほしい、カビだらけの風呂場を掃除してほしいなど、掃除は便利屋の仕事の中で一番多いようです。

確かに長い間放置して汚くなった場所を、改めて自分で掃除するのはきついですよね…。それならお金を出してでも誰かにお願いしたいと思う気持ちも分からなくはないです。

庭の植木の剪定などもよくあるようです。大晦日近くのシーズンなどは、特に忙しそうですよね。

 

ペットの散歩

犬などの散歩を代行してほしいという人からの依頼を承ります。確かに仕事などが忙しいと、ペットの散歩に時間を割いている余裕などもなくなってしまいますよね。

だからと言ってそのまま放置しておくのはかわいそうだし…と思ったときに頼られるのが便利屋なのです。いつものお散歩コースなどを教えてもらい、犬を連れて散歩に出かけます。

 

送り迎えの代行

子供の保育園の送り迎え、塾の送り迎えなど、忙しい家族に代わって送り迎えをすることもあります。

便利屋とはいえいきなり赤の他人に送り迎えをお願いできるものなのかはちょっとわかりませんが…仕事として承ることはあるようですね。

 

サクラ

特に結婚式などに多いですが、出席の人数が足りないため、知人を装って結婚式に出席して欲しい…というような依頼もあるようですね。いわゆるサクラというものですね。

結婚式だけではなく、講演会や婚活パーティーなど、人数合わせのためにいろいろなイベント事に呼ばれることがあるようです。

 

引越し

引越しなら引越し業者に頼むのでは?と思いがちですが、料金などを比較した結果、便利屋さんにお願いする人もたくさんいるようですね。確かに引越し業者さんに荷造りや移動をお願いすると、なかなか費用も高くついてしまいますよね。

でも、例えば近場の引越しなどで、一部の荷物だけ運んで欲しいときなどは、わざわざ引越し業者に頼むのも大掛かりになってしまうような気もします。だったら便利屋に依頼する方が安くあがりな場合もあるでしょうし、そんなときに頼られるのが便利なのです。

 

話し相手、相談相手

単純に話を聞いて欲しい、愚痴らせてほしい、相談に乗ってほしいなどの相手として依頼を受ける場合もあるみたいですね。

自分ではなかなか知り得ないようなことの話も聞けて、なかなか面白そうではあります。

 

遺品整理

遺品整理とは、亡くなった人の所有物の整理や、マンションやアパートの退去手続きなど、亡くなった後のことを家族の方などから依頼されてお手伝いすることを指します。

便利の仕事の中で意外と多いのがこの遺品整理です。遺品整理はやることもたくさんあって大変ですし、家族の方などは気持ち的にもまだまだ整理する余裕が持てない場合があります。そんなときに便利屋に遺品整理をお願いする人はとても多いようです。

 

家事代行

家政婦さんのように、洗濯や洗い物などの家事を代行することもかなりあるみたいですね。家事なら誰でもある程度はやれますし、未経験の人でも実践できる人は多いのかもしれません。

 

何かを代行する仕事が多い

こうしてざっと見てみると、便利屋は何かを代行をしてやる仕事が多いですね。代行業だけで言えば、上のこと以外にも、お墓参り代行、友達代行、花火大会やお花見などの場所取り代行や、新商品の発売日に早朝から並ぶのを代行する場合などもあるようです。

とりあえず受けられそうな範囲であれば何でも代行します!って感じですね…確かに便利です。

 

法に触れるようなことはないの?

ちなみに便利屋のバイトで、極端な話、「誰かを殺してほしい」などといった法に触れるような依頼は来ないものなのでしょうか?

もしかしたら依頼自体は来るかもしれません。

 

ですが、そのような法に触れるような依頼は基本的にお断りするのが便利屋です。便利屋と言っても、何でもかんでも受けていたらただの都合の良い仕事ですからね。どれだけお金を積まれたとしても人を殺してくれなんて依頼受けるわけがありません。

 

その他怪しいと感じた仕事などは受けないのが基本のようです。何か違法なものを運んだり販売したりするような依頼でしょうね。

なので、危ない事件に巻き込まれるようなことは基本的にないと思って間違いありません。

 

便利屋のバイトの時給は?

さて、では気になる便利屋のバイトの時給のお話です。

やれることならなんでもやるというのが便利屋ですが、その職業柄時給も結構高そうな印象は受けますね。

調べたところによると、便利屋バイトは、時給1000円~1500円くらいが平均となっているようです。

 

ある程度誰でもやれるというのが便利屋ですし、未経験だったとしてもこれくらいの時給がもらえるのは、高時給と言っても良いのではないでしょうか?

もし能力を評価してもらえれば、それ以上の時給が望める場合も多そうですし、自分の腕次第でかなり稼げるようにはなりそうです。

 

事情があって便利屋に依頼しそうになった話

ちょっと余談なのですが、私自身、便利屋さんを利用させてもらおうと思ったことがあります。

 

まあ、いろいろあって見積りだけしてもらって実際に利用させてもらうところまでは至らなかったのですが。

ここではそのときの見積もりをしてもらうまでの経緯などをいろいろお話ししてみたいと思います。

便利屋のバイトに興味がある人は、便利屋というものがどんなものなのかイメージをつかむきっかけにもなるかもしれません。

 

詳しい事情は伏せますが、とある場所に電話をかけてほしいという依頼で、私はある便利屋さんにメールで問い合わせをしてみました。

その便利屋さんは、確か1時間あたり3000円の費用でやってくれる便利屋さんで、

「電話ならすぐ終わるし、3000円ならお願いしたいな」

くらいな感じでまずは気軽に問い合わせてみたいんですね。

 

で、最初は結構事情も濁した感じで伝えたので、なぜ電話をかけるのか、相手は誰なのかなど、そのあと結構詳しく聞かれました。

これはおそらく、さっき言ったように犯罪に関わるような仕事ではないかどうかの確認だったのでしょう…。

 

で、いろいろ話して、見積もりを出していただくことになり…見積もりの詳細が書かれたメールが返ってきました。

そして内容を見てめちゃくちゃ驚きました。

 

通話料金などのお金などもいろいろ上乗せされて、想定していた3000円の金額よりもはるかに上を行く金額だったんですね…!

 

なるほど確かに通話料はこちら負担でもおかしい話ではないよな…と思い…

結果としてかなりお高かったのを理由にお断りさせていただきました(^-^;

 

代行してくれて便利ではあるけれど、依頼内容によっては、サイトなどに記載されている料金よりもかなり高くつくこともあるようなんですね。。。

もしかしたら、「ちょっとやってほしいかも」くらいなノリだとコスパは高すぎるのかもしれませんね。

 

ですが、それでもどうしても便利屋さんにお願いしたいという人もいるのは事実でしょう。

そんな人にとって非常に「便利」なのが、便利屋さんなんですね。

 

便利屋バイトのここが良い!

では、実際に便利屋のバイトをするとして、便利屋のバイトにはどんなメリットがあるのでしょうか?

高時給とはいえ、それ以外にもメリットがなければバイトなんてなかなか続かないものです。

 

特殊な便利屋のバイトのメリットを以下にまとめてみました。

 

仕事の内容が超さまざま!飽きっぽい人に向いてる!

上でお伝えしてきたように、本当に便利屋の仕事は多岐に渡ります。上のものは一例でしかないのです。

未経験の人でも、家事や掃除くらいはやれますよね。チケット販売の列に並ぶこともなんかもできるはずです。言ってしまえばただの話し相手なら本当に誰でもできるでしょう。そう、例え業界未経験の人でも、やれる仕事の幅はめちゃくちゃ広いんです。

 

なので、便利屋のバイトは「これ!」といった仕事ばかりではなく、とにかく毎日いろいろな仕事をすることになります。

仕事に慣れてくれば、バイトでももっといろいろな仕事を任せてもらえるでしょうし、ますます仕事の幅は広がります。

 

ところであなたは飽きっぽい方ですか?同じ仕事を長く続けられる方でしょうか?

飽きっぽくてすぐに仕事を辞めてしまう人…そんな人には、便利屋の仕事は実はかなり向いていたりするのです。それはやはり仕事の内容が本当にさまざまだからでしょう。

毎日新しいことの連続です。会う人も毎回違って面白いでしょう。

 

飽きっぽくてバイトをすぐ辞めてしまう癖を治したい…と悩んでいた人は、便利屋のバイトを始めることで思いがけずその癖が改善されるかもしれませんよ。

 

シフトは自由?!時間に融通が利く!

便利屋のバイトは、あらかじめ会社に登録というかたちを取って、やれる仕事があるときに稼ぐ…的な自由なスタイルを取っている場合が多いみたいですね。

なので最初は気軽な副業として始めやすいのも特徴です。それで時給も高いわけですから、サクッと稼ぎたいときなどには便利ですね。

 

もし時給が1500円だった場合、2時間の仕事をすれば3000円は少なくとも稼げますし、何かしら手当てがつけばさらに稼げる場合もあります。

自由が利きやすいのは、プライベートが忙しい人、学生さん、収入を少しでも増やしたいサラリーマンなどにも有難いところでしょう。

 

また、もし本業として便利屋のバイトをがっつりやりたい場合なども、依頼に応じて自分の好きなようにシフトを組めるでしょうから、予定も立てやすいはずです。

 

経験豊富!人としての幅が広がる!

便利屋のバイトをすると、本当に毎日違うことを依頼に応じてこなしていくことになりますし、触れる人たちも毎日変わるでしょう。

普通の人と比べて交流してきた人の数には圧倒的な差が出るはずです。

 

経験することも同じです。普通に同じバイトをずっとルーチンワークのように続けている人と比べて、とにかくいろいろなことを経験できるのは確かでしょう。

 

時には仰天するようなことをお手伝いする場合もあるでしょうし(もちろん法に触れない範囲で)、今まで行ったことのない場所に足を踏み入れることもたくさんあるはずです。

 

経験値が高いと、いろいろな物事に対処する能力が尽き、人としての幅が広がりやすくなります。

たくさんの人と触れる職業柄、人当たりも良くなるでしょう。

 

現場に溶け込んでいく力、突然のトラブルに対処する力、コミュニケーション能力など、人として持っておくと評価されやすい部分が向上するのです。

その経験はきっと将来でも活きてきて、あなたの可能性を広げてくれるのです。

 

まとめ

便利屋のバイトは、何も知らなければなんだか怪しそうなイメージを持ってしまいがちですが、具体的な仕事内容を見れば、とてもなじみがあるような気がしますよね。

「これなら自分でもやれそう…」という仕事はいくつもあったはずです。

ぜひ、便利屋のバイトにチャレンジして、刺激的な毎日を送ってみてはいかがでしょうか?

 


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。

税務署で婚活!?バイトしながら出来る婚活のススメ

社会人になったらどんな仕事をしたいですか?

 

キャリアウーマンになってバリバリ働く?

専業主婦になって家庭を守る?

主婦とアルバイトを両立して、無理なく働く?

 

女の人の働き方は様々です。

以前は自分のキャリアを守るために、いつまで社会の第一線で活躍できるキャリアウーマンを目指す人が多かったのですが、ここ数年、若い人の中には専業主婦になりたい、と言う人も増えているようです。

 

もちろん、自分でバリバリ仕事するのも魅力的だし、専業主婦で家庭に入るのも両方素敵な生き方だと思います。

 

自分で仕事をしていれば、お金に困ることはありません。

でも、専業主婦の場合は実際のところ旦那様の稼ぎによりますよね。

金額はもとより、現在、正規雇用でない人も増えている中、やはり公務員という職種は魅力的。

そんな公務員と出会うにはどうしたらよいのでしょうか?

 

合コン?

紹介?

 

もちろん手っ取り早い方法かもしれません。

知り合いをたどっていけば、公務員の誰かと飲み会をセッティングすることも可能でしょう。

でも、最初から合コン目的で会ってしまうと、お互いにいいところしかみせません。

結婚相手を探すなら、相手の色々な部分を知りたいですよね。

 

公務員といっても社内ではどうなの?

仕事ぶりは?

人間関係は?

社内での評判は?

出来るだけ実際の現場で自分の目で確かめられたらいいですよね。

 

相手の仕事ぶりを自分の目で確かめながら、公務員との婚活が出来るアルバイトがあります。

それは「税務署のバイト」

 

筆者は以前、税務署で短期のアルバイトをしたことがあります。

仕事内容はさておき、意外なことに驚きました。

 

今回はそんな筆者の経験をもとに、税務署のバイトの内情をみていきたいと思います。

 

税務署で応募のあるアルバイト

税務署でのアルバイト、聞いたことありますか?

筆者は税務署に勤める知り合いから声を掛けてもらいアルバイトをしました。

最初、声を掛けてもらったときは、公務員の働くところにアルバイトがいるの?

とちょっとびっくりしたものです。

でも税務署は確定申告時などは普段の何倍も忙しいところ。

この期間だけ人員を確保するにはバイト募集が一番と聞いて納得しました。

 

さて、税務署のアルバイトとは一体なにをするのでしょうか?

 

【確定申告限定の短期アルバイト】

確定申告に行ったことがある方はご存知かもしれませんね。

確定申告をパソコンでするコーナーにはアルバイトが沢山います。

機会の操作や会場の案内などをするアルバイトです。

その仕事内容は入力補助と案内。

確定申告の入力を手助けをしたり、会場を案内する仕事です。

 

【通年の職員補助】

税務署には長期のアルバイトもあります。

それは職員の補助的な仕事。

簡単なデータを入力したり、路線価の地図を作製したり、あとは事務で受付や電話の交換手などのアルバイトもあります。

これらの仕事は通年通して仕事があるので、長期的なアルバイトになります。

 

税務署のバイトの面々

税務署のアルバイトにはどのような人が多いのでしょうか?

 

【確定申告のバイト】

圧倒的に大学生が多いです。

バイトの募集期間が年明けから春休みにかけてなので、大学生のお休みにちょうどいいからでしょうか。

大学に募集がくるからと言うこともあるかもしれません。

筆者がアルバイトしていた時、偶然友人が同じ税務署にアルバイトに来ていました。

会社を辞めて仕事を探していた友人はとっくに大学生とは言えないほどの年齢。

周りは90%が大学生で、若すぎて話が合わないと嘆いていました。

その割に男子学生と楽しそうにランチに行っていましたけど。

 

【通年のバイト】

筆者は確定申告時にアルバイトに行ったのですが、たまたま職員の補助の人数が足りないと言うことで、通年の業務の担当になりました。

9時から16時と時間も短く、安定して通年働けるとあって、断トツで主婦が多かったです。

あとは、市役所の臨時職員をしていたけれど、期間満了になった人とか、大学を卒業したけれど就職が決まっていない人とか。

いずれも公務員希望の人でした。

 

バイトを始めてまず聞かれたこと

筆者がアルバイトをしたのは、ちょうど結婚の半年ほど前。

会社をちょっと早めに辞めたので、半年ほど自由な時間があったからです。

一応この時は独身。

するとバイトするなり周りから色々なことを聞かれました。

 

①年齢

②出身地

③経歴

 

まるでお見合い前の事情聴取です。

最初はなんのことかわからず、みんなが興味本位で聞いてきているだけだと思っていました。

すると段々様子が変わってきます。

 

「〇〇課の××さん、32歳で独身だよ」

「△△課の〇〇さん、40歳で年齢はいってるけどお金はあるよ」

 

ん?

これって職員を勧められてる?

 

変だと気付いた筆者が、半年後の結婚のことを話すと、

「なんだ~、てっきりそうかと思ったぁ」

 

「そうかと」ってもしかして・・・。

 

そうです。

筆者は結婚相手を探しにバイトに来たと思われていたのです!!!

この時ばかりはびっくりを通り越し、笑ってしまいました。

 

だって、職員の人、みんなが思っていたらしいですから。

 

でもですよ、職員の人がみんなそんな目で独身のバイトを見ているということは、向こう側も期待しているわけです。

1カ月ほどアルバイトをすると、そのことにも納得しました。

 

【社内に女の人が少ない】

税務署の職員にももちろん女の人はいます。

でも圧倒的に男の人が多い!

だから、新卒で入ってきても、ちょっとかわいい人は秒殺で誰かに取られてしまうようです。

税務署に職場結婚が多いこともそういう事なんでしょうね。

男女の比率が違うので、必然的に男性が余ってしまうのです。

 

【出会いがない】

税務署の職員はあまり出会いがないようです。

確かに税務署に来るのは年配の人か、会社関係の男性か。

若い独身女性なんてほとんど見掛けません。

これじゃ仕事での出会いはないですよね。

 

学生も同じだった。。。

この暗黙の了解を得た婚活。

お年頃の人だけかと思ったら、バイトをしていた大学生にも存在しました。

アルバイトの期間が終わるころ、なにやらいつもと雰囲気が違う。。。

どうやら若い税務署職員と女子学生のカップルが何組か誕生していたようなのです。

それは数日前、バイトもあと数日というときに、バイトメンバーと署員での飲み会があったのです。

筆者は都合がつかず参加できなかったのですが、どうやらそこで色々とあったようで。。。

なんだ、学生も同じ目的の人もいたんだな、と複雑な気分。

 

アルバイトの内容はどうなのか?

婚活はさておき、実際のアルバイトについてはどうなのでしょうか。

 

筆者がいた部署は路線価を管理する課でした。

日々の作業と言えば、路線価の価格を入力したり、地図に色を塗ったり。

単純作業が多く、大変だと感じたことは1分ですらありません。

なんて楽なバイトなの!

と思いました。

 

確定申告担当の友人に聞いたところ、「毎日戦争だよ」と。

そうですよね、人が足りないから沢山募集をかけて来てもらってるんだから、忙しくないわけありません。

年明けすぐはそれほどでもなかった来所者が、確定申告の締め切り間際になると行列を作るくらい。

お昼にいく時間がなかなか取れないと嘆いていました。

 

同じバイトで同じ時給なのに、担当する部署によってこうも違うのかと思いました。

 

税務署のバイトで気を付ける事

筆者が担当していた部署も、確定申告の担当部署も、共通して気を付けなければならないこと。

それは身だしなみと振る舞いです。

署内の人は職員かバイトか見分けがつきますが、来る人にとってはどちらも職員です。

公務員は国民の税金でご飯を食べている。

やはりそんな感じの目線で見られます。

そんな時にチャラチャラした服装で仕事をしていたり、怠ける姿を見られたらどうでしょう!

税金を納めている筆者ですら、ちょっと待て!と言いたくなってしまいます。

アルバイトも働いている間は税務署職員と同じ。

身だしなみや振る舞いには、いつも以上に気を付けなければなりません。

 

まとめ

税務署のアルバイトについて、筆者の実際に体験した経験談を元にご紹介してきました。

税務署で婚活って意外じゃありませんか?

でも考えようによってはとても賢い婚活の仕方ですよね。

筆者ももっと早くにこのことを知っていたら、違う意味でアルバイトに励んだのかもしれません。

 

もちろん、婚活だけが税務署でのバイトの魅力ではありません。

確定申告の担当は、仕事は忙しくて大変だけど、この先、自分が申告することがあった場合とても役に立つ知識を得ることができます。

また、普段は知らない公務員の社会人生活を知るチャンスにもなります。

もし興味があれば求人情報を覗いてみてくださいね。

 

税務署のアルバイトの求人は、ハローワークで掲載されていることが多いです。

特に確定申告前の時期には要チェック。

また、通年のバイトは税務署のホームページにも掲載されていることがあります。

あとは筆者の様に、税務署に知り合いがいる場合はそこから口添えしてもらうと話が一番早いです。

知り合いだからと言っても、きちんと面接もあるので、気を抜かないでくださいね。

 

 

筆者

専業主婦をしているチワワです。

興味があるものは何でも体験してみないと気が済まないため、高校生の頃より数多くのアルバイトを経験してきました。

人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。

動物が大好きですが、家庭の事情で飼えないため、家の近所に住み着いた猫の親子を可愛がる毎日です。